川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 矯正・インプラントのホームページです。一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

ナビボタン
フリーダイヤル 電話番号
地図・交通案内

矯正歯科

矯正歯科

マウスピース矯正(アソアライナー)の特徴

透明のマウスピースを利用した歯列矯正装置

マウスピース矯正(アソアライナー)の特徴

右の写真のように、透明のマウスピースを付け替えながら歯列の矯正治療を行うマウスピースタイプの矯正治療装置です。

従来の矯正治療は、皆さんがよくご存じの歯にブラケットという装置を固定しワイヤーで歯を引っ張ったりすることで歯を移動します。マウスピース矯正の考え方は新しいものではなく1950年代から行われてきましたが、マウスピースの材質=高分子の発達がマウスピースの精度を上げ、歯列矯正の新しいトレンドとなっています。
特に1990年代後半にアメリカで始まったこの流れは今世紀に入り日本でも始まりました。
今世界にはいくつかのマウスピース矯正治療があり、アソアライナーもその一つです。

Straightalign って何?2

従来のブラケットを固定した装置では
  1. 治療中の審美性が悪い
  2. 治療中の取り扱いや生活が不便である
  3. 強い痛みがある
等の問題点が、矯正治療を受診されるのを躊躇わせる要因となっていましたが、マウスピース矯正ではこれらの点が解決されています。

Straightalign って何?3

右の写真のように、装置を装着しているのが見えません。
逆にマウスピースに光が反射し、歯が美しく見えることもあります。
自分で取り戻すことが可能ですから、食事や会話、大事な時間には取り外すことが出来ます。

また、従来の矯正治療では、歯牙の移動は大変な痛みを伴うとされていましたが、ほんの少しの歯の移動を行いそれを連続するマウスピース矯正では、圧迫感はありますが、痛みはほとんど感じません。治療期間も大変に短縮されており、多くの治療は2~3年以内に完了します。一般型のタイプでは2週間に一度写真にあるようなマウスピースを交換していただきます。治療期間が2年ですと約50個程度のマウスピースを交換することになります。

従来の矯正治療における様々な問題点の改善とマウスピース矯正の問題点の解決をアソアライナーテクニックを利用した新しいマウスピース治療を開発しました。
アソアライナーテクニックは、本来ストレスフリーの歯科治療を探求するための研究が基礎となっています。
厚さ1ミリに満たない透明のプラスチックで出来たマウスピースが 従来の矯正治療よりも 早く・痛みもなく美しい歯並びを実現できるようになりました。
お顔の下半分の逆三角、言い換えれば口元の重要性は古くから美容の世界で言わ れてきました。
アメリカでは歯並びを美しくすることが、美の出発点であり、同時に素 敵な笑顔のための必要不可欠な要素とされ、女性だけでなく男性にも広く矯正治療 が行われてきました。
マウスピースの矯正治療にはいろいろな種類があり、 それぞれの違いとは何かとのご質問を頂くことがありますが、それぞれに特徴があります。 数歯の矯正から多数歯の矯正までありますが、アメリカでは少数歯の矯正も盛んに おこなわれています。 マウスピースタイプの矯正治療装置の登場はこの流れを加速させています。

歯列不正の種類

歯並びが悪い状態を専門的には「歯列不正」といいます。一般的によく知られている出っ歯や受け口などがわかりやすい例で、歯列矯正を望む患者様の多くは、こうした歯列不正をコンプレックスに思い、治療を希望します。ここでは、そんな歯列不正の種類について詳しく解説します。


1.叢生(乱杭歯)

歯1本1本がバラバラな方向を向いているような状態を叢生(そうせい)といいます。いわゆる乱杭歯と呼ばれる歯列不正ですね。叢生は日本人に比較的多く、その見た目の悪さからコンプレックスに感じている人も少なくありません。また、叢生は歯磨きがしにくいという特徴もあり、きちんとしたオーラルケアを行わなければ、虫歯や歯周病にかかりやすくなりますので注意が必要です。


2.上顎前突(出っ歯)

上顎前突とは、上の顎の歯が前方に突き出ているケースでは、俗にいう出っ歯と呼ばれるものがこれに当たります。上顎前突も比較的日本人に多い歯列不正で、矯正歯科を訪れる動機になりやすいコンプレックスといえます。

この上顎前突の原因は、主に2つに分けることができます。1つ目は、歯そのものに原因があるパターンで、これを歯性の上顎前突といいます。歯が前方に傾いていることが主な原因であるため、比較的治療はしやすい症例といえます。2つ目は、顎の骨に原因があるパターンで、これを骨格性の上顎前突といいます。骨格性の上顎前突は、骨の発育という大きな要素が関わってくるため、歯性の上顎前突よりも治療が難しくなる傾向にあります。


3.下顎前突(受け口)

舌の顎が前に突き出しているような顔貌を下顎前突といいます。一般的には受け口と呼ばれているもので、「顎がしゃくれている」という表現にあたるケースも含まれます。そんな下顎前突の原因も上顎前突同様、歯と顎の骨の2つに分けられます。舌の前歯が前方に傾いているものを歯性の下顎前突と呼び、下顎の骨格が原因で受け口となっているものを骨格性の下顎前突と呼びます。


4.開咬

口を閉じた状態でも、上下の歯列に隙間があるものを開咬(かいこう)といいます。正常な歯列であれば、口を閉じると上下の歯列に隙間はなくなるのですが、開咬という歯列不正があると、主に前歯の部分に隙間が生じます。上下の顎の間に隙間があると、見た目が悪くなるだけでなく、発音やものを噛む際にも支障がでることがあります。また、口が乾きやすくなるため、虫歯や歯周病のリスクを高めることになります。

矯正治療のメリット

矯正治療を受けると、以下に挙げるようなメリットを享受することができます。


1.歯列が整うことで口元の審美性が高まる

歯並びというのは、口元の印象を大きく変える要素のひとつです。笑った時や言葉を発した時に垣間見える歯並びによって、人はいろいろな印象を受けます。当然のことながら、美しい歯列には、清潔感や好印象を受ける人が大半です。逆に、上述したような歯列不正がある場合は、あまり良い印象を受けないことも多々あります。そのため、矯正治療によって歯列を綺麗に整えることは、歯列の状態を機能的改善するだけでなく、見た目の美しさを向上させることにもつながるといえます。


2.効率的にものを噛めるようになる

正常な歯列では、上下の歯がしっかりと噛み合うため、効率的にものを噛むことができます。これを難しい言葉で表現すると「咀嚼効率が良い」といえます。一方、出っ歯や乱杭歯などの歯列不正があると、上下の歯がきちんと噛み合いませんので、咀嚼効率は低下します。その結果、食事がしにくくなるだけでなく、一部の歯に大きな負担がかかったりするなどの弊害も生じるため、あまり良い状態とはいえません。矯正治療を受けることで、そうした弊害を取り除くことができ、咀嚼効率も向上します。


3.ブラッシングしやすくなる

叢生や八重歯のような歯列不正がある人ならイメージしやすいかと思いますが、歯並びが悪いとブラッシングしにくくなります。傾いた歯や歯列から逸脱した歯というのは、一般的な歯ブラシではなかなか毛先が奥まで入らないのです。そうした歯列の乱れを矯正治療によって解消することで、ブラッシングしやすくなり、磨き残しも少なくなっていきます。

矯正治療のデメリット

矯正治療には、以下に挙げるようなデメリットがあります。


1. 矯正法によっては治療中に口元の審美性が低下する

最も一般的な矯正法は、ワイヤーとブラケットを用いたワイヤー矯正ですが、使用する器具からもわかる通り、治療期間中は見た目が少し悪くなることがあります。これは矯正治療における一つの大きなデメリットといえるでしょう。ただ、当院で行っているようなマウスピース矯正であれば、透明なマウスピースを使用するため、口元の審美性が低下するということはほとんどありません。


2. 通常の歯科治療と比べると費用が高額になりがち

歯列矯正の治療費は、一般的な虫歯治療や歯周病治療と比べると、高額になりがちです。ただ、高額な費用の中には、材料費や技術料なども含まれていますので、不当に高くなっているわけではありません。


3. 治療期間が長い

矯正治療は、基本的に数年単位の治療期間を要します。部分矯正であれば、数ヵ月で治療が終わることもありますが、歯列全体の矯正となると、やはりそれなりにまとまった期間が必要となるのです。これは、歯列矯正の性質上、仕方のないことといえます。