川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック 矯正・インプラントのホームページです。一般的な治療からインプラント、審美治療などの専門的な治療まで行っております。

ナビボタン
フリーダイヤル 電話番号
地図・交通案内

インプラント

インプラント

インプラント治療

インプラントとは、自分の歯に限りなく近い人工の歯です。

材質は生体親和性の高いチタンでできており、まず顎の骨に埋め込む手術を行い、歯根の部分を再建させその上に歯を作ります。

歯を失った部分を、隣の歯や他の歯に力を借りることなく、部分的に修復する・・・それがインプラントです。

現在の歯科治療法の中で、歯を根の部分から回復できるのはインプラントしか無く、そのためインプラントは乳歯、永久歯に続く第3の歯といえるでしょう。


まずはインプラントをもっとよく知りましょう!

インプラントとは

こんな方にインプラント治療はオススメ

入れ歯が合わず、硬い物がかめない方

歯が多数欠損してしまった場合、今までは入れ歯をするしかありませんでした。
日本人は、欧米人に比べて口腔粘膜が薄く、また粘膜の痛点(痛みを感じる神経細胞)が多いためどんなに適合の良い入れ歯を作っても痛く感じる方がいます。
そのような場合には、インプラントを用いて治療する方法が勧めです。
インプラント顎骨に固定されますので、噛んでも痛くありません。

入れ歯のバネが気になり、人前で笑えない方

『大きく口を開けると、入れ歯のバネがキラリと見える。だから人前では、笑顔を見せられない。』
こんな方には、インプラントはお勧めです。インプラント治療では、天然の歯のような自然な感じを取り戻すことができます。
これで人前でも、気にせず楽しく笑えるはずです。
また入れ歯に比べてインプラントは、発音の障害が少なく、人前でお話するのも楽になります。

入れ歯の取り外しがわずらわしい方

インプラントは、入れ歯のように取り外さなくてよいので、面倒がありません。
入れ歯だと、毎回毎回取り外しをして洗浄をする必要があるのですが、固定式のインプラントですと、普通に歯磨きをすることができます。
その為、入れ歯のようなケアのわずらわしさから開放され、自然歯の頃と同じような生活をして頂けます。
よって、インプラントは、煩わしいお手入れから開放されたい方にもぴったりの治療法と言えるでしょう。

インプラント治療の種類

一回法(1パート)

フィクスチャー(歯根部分)とアパットメントがもともと一体になったものを使用することにより、手術を一度で完了させます。

一回法(2パート)

フィクスチャー(歯根部分)の上部分を歯肉に出した状態で埋め、数ヶ月後アパットメントを取り付ける手術方法。

二回法

フィクスチャー(歯根部分)を埋め込み、歯肉を完全に被せて、2度目の手術を行ない、切開して(*)アパットメントを取り付ける方法。
※アパットメント・・・土台部分

AQBインプラントについて
AQB(Advanced quick bonding)インプラントは、生体内での固定しやすい骨癒合タイプの1回法型人工歯根として商品化されたものです。手術が1回で済むばかりでなく、早期に骨との強固な結合が得られるため、従来数ヵ月から1年近くかかった咬合機能回復までの期間がわずか2ヵ月程度でよく、患者への負担が少なくて済むという特徴をもっています。
また、長期間にわたり問題なく機能しており、多くの方々に大変満足していただいております。

症例

インプラントとは

インプラントを2ヶ月前に下の奥歯に入れた患者さんです。
予後も非常によく、仮歯にして噛んでいただきましたが、非常に良好です。
もう直ぐ上物が入りまして、あとは4月に反対側も入れます。

治療の流れ

Step 1治療計画・カウンセリング・検査
当院は患者様にご理解頂けるためにも、失った歯の状況、インプラント治療の流れ、治療に対する疑問や質問などお伺いします。
その後、現在のお口の中を状況を拝見させていただき、レントゲンやCT、歯形などをとらせて頂きます。検査資料を基づいて、より詳しいインプラント治療計画のご説明をさせて頂きます。
Step 2虫歯や歯周病治療、骨の足りない方の再生治療
むし歯や歯周病疾患がある方はインプラントが出来ません。
インプラント治療を行う前に、虫歯や歯周病治療をおこなう必要があります。
また、骨の厚みなど足りない方や歯周組織の破損がひどい場合は骨増生法をもちいた治療をします。
Step 3インプラント手術 1回目

人工歯根(フィクスチャー)を取り付ける手術です。
歯茎を開き、顎の骨にインプラントと同じ大きさの穴を形成します。
しっかり固定する用にインプラントを入れ歯ぐきをとじます。

患者様の状況によっては一回で手術が終わる一回法を選択する場合があります。
(ワンパーツタイプ : 適正などは医師と事前にご相談ください)
Step 4インプラント手術 2回目
インプラントに力をかけずに治療を待ちます。
3ヶ月から半年で骨とインプラントがしっかりと結合し安定します。
この期間中は仮歯を入れることができますので、日常の生活には支障はありません。
骨とインプラントの結合後、人工の歯を取り付けるための部品を連合し歯茎から露出させる手術を行ないます。
Step 5人工歯の作製と装着
歯肉が整った時点で型をとり、まわりの歯の色や形と合ったものを作製。
天然の歯と見分けがつかない人工歯をインプラントに装着します。
術後の注意、お手入れ方法などの説明をします。
Step 7メンテナンスと定期健診
インプラントを長く使っていただくために、ご自身で行なうブラッシング方法を習得していただきます。
その後は3ヶ月~6ヶ月程度に1回の定期検診を行い、かみ合わせや異常がないかをチェックします。

治療費

相談料 無料
0円(税込み)
CT撮影 無料
0円(税込み)
シムプラント診断
(安全なインプラント)
無料
0円(税込み)
サージガイドトレー
(ステント)
無料
0円(税込み)
治療費 手術基本料
32,400円(税込)
1回法(AQBインプラント)
108,000円(税込)
2回法(AQBインプラント)
162,000円(税込)
補綴物 金属
54,000円(税込)
セラミック
98,229円(税込)
メタルボンド
108,000円(税込)
症例により必要 上顎洞挙上術
54,000円(税込)
骨再生療法
54,000円(税込)

※その他、オールオン4・ノーベルガイドなどの困難な症例もご相談ください。
※申し訳ございませんが、ご予約をいただいている枠のキャンセル及び無断キャンセルの際は、キャンセル料金がかかります。キャンセル料金は手術料金(32,400円/本)としていただきますので、ご了承ください。また、ご病気などの理由でのご変更の際には、キャンセル料金は手術料金のみとなりますが、無断キャンセルの際は、当医院の損害が発生する恐れがある際は、そちらをご請求いたしますので、どうぞご理解のほどお願いいたします。

インプラントの注意点

インプラント治療当日までに注意すること

オペ2時間前までに食事をすませる(飲み物は可)
前日の睡眠時間をしっかりとる
体調を整え、調子の悪いときは前もって医院に連絡する

インプラント治療後の注意

治療が終わり、帰宅後は出来るだけ睡眠をとる
翌日、かならず医院で消毒と術後の診断を受ける

治療後のメンテナンス

きちんと骨と結合したインプラントは、半永久的に口腔内で固定を得ることができます。

でも、土台となる骨の部分にトラブルが起きれば、骨はインプラントを支えることができなくなってしまいます。
インプラントを良い状態に保つためには定期的なメンテナンスと徹底したプラークコントロールが重要です。

医院でメンテナンスを受けましょう

治療終了後そのまま放置してしまうと、インプラントに過負担がかかり補綴物が破折したり歯周病が急に進んだりすることがあります。

そこで、定期的な咬み合わせのチェックやレントゲンによる診査が重要になります。
普段のブラッシングでは落としきれない汚れを専門家(歯科衛生士)によるケアでフォローしていくことや、自宅でのケアが正しく行えるようにブラッシング指導を受けることも必要となります。

日頃のケアがもっとも大切です

基本的には、天然歯と同じようにしっかり歯磨きをするだけです。 とはいっても、インプラントは人工物ですから、天然歯と違って接合部(境目)があります。その部分は汚れがたまりやすいところであり、また汚れを落としにくいところでもあります。

そこで、歯ブラシといっしょに歯間ブラシ(ワイヤー部がコーティングされているもの)や、デンタルフロスなどを使ってのケアをお勧めします。

インプラントの注意点

インプラント治療は、通常の歯科治療とは異なる部分が多々あります。特に、インプラント手術の前後や治療後のメンテナンスなどは、注意すべき点が多数あります。ここでは、そんなインプラント治療に関する注意点について詳しく解説します。

1.インプラント手術当日までに注意すること

1-1 オペ当日は2時間前までに食事を摂る

インプラント手術の当日は、食事をきちんと摂りましょう。インプラント手術はそれほど大掛かりなものではないとはいえ、やはり体力が必要となります。また、食事をきちんと摂っておくことで、術後の傷の治りも早くなります。ただし、オペの2時間前までには食事を済ませておいてください。オペ直前に食事をすると、処置の最中に嘔吐してしまうことがありますので注意が必要です。ちなみに、水やお茶といった飲み物であれば、オペ前に多少飲んでも問題ありません。

1-2 オペ前日は睡眠をしっかりとる

インプラント手術が成功するかどうかは、歯科医師の技量や治療方針に依るところが大きいですが、患者様自身の体調もひとつの大きな要素となってきます。特にオペ前日は安静に過ごし、睡眠時間もしっかり確保するようにしてください。寝不足などによって体調が悪い状態でインプラント手術を受けると、治療結果に悪影響が及ぶことがありますので注意が必要です。それでも前日や当日、体調が優れない場合は、歯科医院に連絡してください。インプラント手術を延期するなり、対応を検討させて頂きます。


2.インプラント手術後の注意

インプラント手術が終わったら、そのまま帰宅して可能な限り安静にしてください。当然のことながら、激しい運動は避けましょう。また、飲酒や喫煙も控えるようにしてください。入浴もシャワーだけにして、湯船に浸からない方が傷への悪影響が少ないです。

それに加えて、インプラント手術当日は睡眠をしっかりとることをお勧めします。インプラント手術当日というのは、歯茎に大きな傷口ができた状態ですので、できるだけ刺激を与えないような配慮が必要となります。そして翌日は、かならず歯科医院で消毒と術後の診断を受けましょう。


3.治療後のメンテナンス

インプラント治療で重要なのは、インプラント手術であることは間違いありません。歯茎を切開し、顎の骨にインプラントを埋め込まなければ、治療は完了しないからです。けれども、それと同じくらい重要なものに、治療後のメンテナンスがあります。

インプラントは、健康な顎の骨と結合することで、初めてその機能を発揮します。きちんと骨と結合したインプラントは、半永久的に口腔内で固定を得ることができます。けれども、土台となる骨の部分にトラブルが起きれば、骨はインプラントを支えることができなくなってしまうのです。その結果、インプラントが口腔内から脱落し、治療は失敗に終わることとなります。

具体的には、インプラント周囲に歯周病が生じないよう気をつける必要があります。歯周病にかかると、歯茎が下がったり、顎の骨が弱ったりします。そうした歯周組織の異常は、インプラントの支持に大きな悪影響を及ぼしますので避けなければいけません。ですから、インプラントを良い状態に保つためには、定期的なメンテナンスと徹底したプラークコントロールが不可欠といえるのです。


4.医院でメンテナンスを受けましょう

治療終了後そのまま放置してしまうと、インプラントに過負担がかかり補綴物が破折したり歯周病が急に進んだりすることがあります。

そこで、定期的な咬み合わせのチェックやレントゲンによる診査が重要になります。
普段のブラッシングでは落としきれない汚れを専門家(歯科衛生士)によるケアでフォローしていくことや、自宅でのケアが正しく行えるようにブラッシング指導を受けることも必要となります。


5.日頃のケアがもっとも大切です

基本的には、天然歯と同じようにしっかり歯磨きをするだけです。 とはいっても、インプラントは人工物ですから、天然歯と違って接合部(境目)があります。その部分は汚れがたまりやすいところであり、また汚れを落としにくいところでもあります。

そこで、歯ブラシといっしょに歯間ブラシ(ワイヤー部がコーティングされているもの)や、デンタルフロスなどを使ってのケアをお勧めします。

インプラント治療のメリット

1.他の歯を削る必要がない

入れ歯やブリッジを作製する際には、他の歯を削って支えとする必要があります。支えとなる歯は基本的に健康ですので、それを削るとなると、それなりに抵抗を感じる人も少なくないかと思います。一方、インプラントであれば、その他の歯を削る必要がありません。インプラントは、顎の骨にネジを直接埋め込む治療法ですので、他の歯を支えとする必要がないのです。


2.本物の歯に近い噛み心地

本物の歯というのは、顎の骨にしっかりと埋まっていて、歯根膜というクッションも存在していますので、ものを食べた時に適度に衝撃を吸収し、食材ひとつひとつの食感などを楽しむことができます。インプラントは、入れ歯やブリッジとは異なり、そんな天然歯に近い状態まで欠損を回復させることができますので、食事も本物の歯に近い噛み心地で楽しむことができます。


3.金属アレルギーが起こりにくい

インプラント治療では、チタンと呼ばれる金属を使用します。チタンは人工関節にも活用されている金属で、金属アレルギーを起こしにくい性質を持っています。ですから、その他の金属にアレルギーを持っている方でも、インプラントであれば安心して治療を受けることが可能なケースが多いです。

インプラント治療のデメリット

1.治療期間が長くなる

インプラント治療は、入れ歯やブリッジと比べると、比較的治療期間が長くなる傾向にあります。これはインプラントが顎の骨と結合するまでに、それなりの時間を要するためです。
とはいえ、それほど頻繁に来院する必要はありませんのでご安心ください。


2.手術が必要になる

インプラント治療では、必ず手術を行うこととなります。人工歯根であるインプラント体を顎の骨に埋めなければならないからです。けれども、手術自体はそれほど長い時間はかかりませんので、一般的な医科の手術と比べると、患者様の精神的身体的負担は小さいといえます。


3.治療後のメンテナンスが不可欠

インプラントを長く使い続けていくためには、治療後も定期的にメンテナンスを受ける必要があります。また、しっかりとしたオーラルケアを行っていくことが重要となります。